読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

剣と魔法のログレス研究所

剣と魔法のログレス(アプリ版)について俺なりのまとめを書いてみます。気が付いた事や間違い等があればコメントいただければ幸いです。

現在の火力職について

基本情報 ジョブ

そんなの知ってるよって人も多いとは思うんですが、最近の火力職の傾向、特に単体の敵にダメージを与える場合について書いてみたいと思います。

 

私は2月末からログレスを始めたのですが、その頃は火力といえばマーセナリーかマジシャンでした。(もちろん、今でもそうである事は否定しません)

しかし、現在は少し傾向が変わってきました。

理由は簡単で、新しい装備や新しいキャラアビリティ等のおかげで、バフをした状態でならダメージの上限に専用スキルによる攻撃(EPを使わない攻撃)が達してしまった事です。

それまでは、マジシャン(ウォーロック)での最大ダメージと言えばマイン系。EP11(実質10)と消費は激しいものの強いマジシャンであれば一発で当時のリミットブレイクの上限である39999を叩き出す事ができましたし、マーセナリーであれば、リミットブレイクがキャラアビリティで習得できるため、リミットブレイクのついたアクセサリーがなくても、龍の雄叫び(咆哮)等のバフを重ねる事で通常攻撃でさえも上限ダメージをたたき出す事が可能であった為、火力の花形として注目を集めていました。

 現在は各ジョブのキャラアビリティ(リミットプラス)を習得する事でダメージの上限は更に上がりましたが、ダメージの強化の方が進みマーセナリーやマジシャン以外のジョブでもダメージ上限に達する事ができます。

つまり、専用スキルで簡単にダメージ上限に達してしまった場合、ダメージの上限をあげるしかないわけですが、これを上げる事できるのはリミットブレイクのアクセサリーのスキルレベルを上げるか、リミットプラスのついた装備を身につけるかという事になり、現在ではスキルレベル2以上のリミットブレイクを持っている場合はマーセナリーでもリミットブレイクを装備し、場合によってはイクリプスアックスでダメージの上限を上げる事が一般的になりました。

結果、専用スキルでも必殺スキルでもダメージ上限に達した場合、それ以上火力を上げる手段は手数を増やす。つまり多段攻撃を選択する事になります。

多段攻撃のメリットは

  1. 1回の攻撃でより多くのEPを回収する事ができる。
  2. 単体攻撃より1回のダメージは小さい為、トータルではより多くのダメージを与える事ができる

という点です。

8月18日現在、多段攻撃として思いつくのは

  • 突剣(専用スキルでは聖与の護剣、クォーラルスティンガー、転技の呪剣、呪紅の黒剣、命撃の細剣等、必殺スキルでは聖与の護剣、スピリットエストック、クォーラルスティンガー)
  • 弓(専用スキルは瞬透弓、グーニベルピーク、レイジングシューター、必殺スキルはレイジングシューターが優秀)
  • ワンド(専用スキルは御使いと天獄の祭器、必殺スキルはスピリットスケアーズ、龍頭の魔杖)
  • 大剣(専用スキルは天地無双剣と闘輝剣、必殺スキルは天地無双剣、輝械の改剣、スピリットスラッシャー)
  • 魔弓(専用スキルはメルトシリング)

残念ながら、斧、槍、ロッドには有効な多段スキルは現在ありません。(ロッドのガーネストスフィアは全体攻撃として区分)

上記からもわかるように必殺スキルでの多段攻撃も考えると、選択肢に上がるのは突剣、弓、ワンド、大剣の4つとなります。

他の必殺スキルと比べるとダメージは低めであるものの、EPのコストが低く、手数で勝負できるは輝械の改剣とレイジングシューターは手数で勝負する貴重な装備です。

この二つの武器はEPの消費分を多段分でほぼ回収する事が出来る為、複数本装備すれば継続的に必殺スキルを撃ち続ける事ができます。

火力職の必殺スキルで有効なのは

  • 聖与の護剣もしくはスピリットエストックでの攻撃(パラディン、ナイト、ロード)
  • スピリットスラッシャー、輝械の改剣、天地無双剣での攻撃(ファイター)
  • スピリットスケアーズ、龍頭の魔杖での攻撃(マジシャン、ウォーロック)
  • レイジングシューターでの攻撃(レンジャー、マーセナリー)

となります。(大剣はルークも装備できるが槍を装備すると属性を上げにくい為、火力としてはファイターの方が優れる)

下段ピックアップの天地無双剣と龍頭の魔杖はなくても、火力職として生きていけると思いますのでご安心ください。

上記に上げた武器の中でも特に聖与の護剣は2発目以降ダメージが下がっていくことが多い多段攻撃の中で、2発目以降ダメージが下がらない上に、必ず6発(至高の場合は5発)当たるので特に大ダメージを与えやすい武器と言えます。

また、攻撃以外のEPの回復手段として

  • メイスの朱晶玉の戦槌(使用者以外、究極なら12EP、至高なら6EP回復)
  • 大剣のレイヴァルトテイン(使用者のみ究極なら5、至高なら3EP回復)
  • ハンマーのグリムネメス(フルパーティなら毎回5EP回復)

があれば、さらに必殺スキルを連発しやすくなります。通常に多段スキルが乏しい大剣もレイヴァルトテインを装備する事でEPの回収がしやすくなり、火力職として相対的に強くなり、物理の火力なら突剣か大剣。魔法はこれまで通りワンドという傾向にあります。

現在火力職として辛いのがマーセナリー(特に斧)です。

属性による攻撃が強化され、属性を上げづらい斧中心の攻撃は相対的に弱くなりました。

また多段攻撃の手段が斧の場合ない為、ダメージ上限に達してしまったあとの手段がなく、弓の場合はレイジングシューターが優秀ではあるが、手数を増やすために複数本装備する場合はレンジャーの方が優位になる可能性もあります。

イクリプスアックス1〜2本装備しをダメージの上限を上げたとしても、ダメージ上限が10万程度である為にEPの消費が少ない光ナイトやパラディン。光ファイターなどと比べると見劣りしてしまいます。

これまでメインをマーセナリーとして頑張ってきた私も、最近では火力を求められると大剣か突剣を使う事が多くなってきてしまいました。

もちろん、各種デバフやトマホークを使った全体攻撃等やる事はあるのですが、やはり単体向けの火力として相対的に弱くなってしまったのは残念です。

私はいつか、またマーセナリーが日の目を浴びる事を期待しつつ、瞬透弓をメイン武器としつつ、弓マセも頑張っていきます(ほとんど呼ばれませんがw)